なぜこのような事業を起こそうと思ったのか

秘書と男性

近年、メンズ脱毛をおこなってくれるサロンやクリニックに通い、美容に気を遣う男性が増加傾向にあります。そうしたニーズの増加に伴い、メンズ脱毛の施術をおこなう所も増加を続け、今ではメンズ専門のサロンなどというのも珍しくありません。そうした多くのメンズ脱毛サロンの中で今特に注目を集めているのが、リンクスというサロンです。ここは北は札幌・南は那覇までの全国展開をおこなっており、日本全国のムダ毛で悩む男性を救ってきました。2008年の開業以来、これだけの成長を遂げられてきたのには、このリンクスの代表取締役のメンズサロンに対する熱い思いがありました。リンクスの代表取締役がメンズ脱毛という世界に触れたのは18歳のときであったそうです。その時代にはまだ、メンズ脱毛サロンという概念はなく、女性がおこなう脱毛のついでに男性の施術も一応おこなっているという所がほとんどだったそうです。代表取締役は、その時思春期真っただ中だったということもあり、多くの女性に交じって脱毛サロンに通うことがとても恥ずかしく感じていました。そのときの体験が今のリンクスの体制づくりに大きく影響しています。男性でも気軽に通えるようなサロンを作り、メンズ脱毛ということを当たり前のものにしたいと考えてこのリンクスを立ち上げた代表取締役は、男性の脱毛技能士が男性の悩みに100%対応出来るような環境づくりをはじめ、とことん男性の通いやすさを追求してきました。そうしたこだわりと信念が実を結び、現在の成功につながっているのです。

さまざまな先進的な取り組みも

ビジネス

リンクスの代表取締役は、そうした男性の通いやすさをソフト面からだけでなく、ハード面からも追求しています。その取り組みの1つに、男性の太く濃い毛に対応できるようなリンクスオリジナルの脱毛器を導入したということです。大手国産脱毛器メーカーとタッグを組み、男性特有の太く濃い毛にも高い効果を発揮しながら、痛みが少なく肌への負担も少ないという理想の脱毛器を作り上げてさまざまな男性のムダ毛の悩みに対応できる体制を作り上げています。さらに、全国どのサロンにおいても、施術ルームの快適さや衛生面という点にもこだわっているという点も特徴です。直接肌に触れる脱毛器具や施術ベッドの衛生面はもちろん、床などの衛生面も厳しく管理されており、そうした面の心配をする必要もありません。このようにサロンの雰囲気や接客・診療といった面から実際の施術面まで、とことん男性の通いやすさにこだわっています。これからも、リンクスの代表取締役はさらなるメンズ脱毛の普及のため、さらなるサービスなどを提供して今以上にメンズ脱毛があたりまえになるような歩みを続けてゆきます。

広告募集中